町田市、相模原市南区、中央区、緑区の雨漏り修理、屋根修理、防水工事、雨漏り調査、雨樋修理、水漏れ修理なら 町田相模原水漏れ・雨漏り修理センターにお任せください。

運営元 アースホーム合同会社

町田相模原
水漏れ・雨漏り修理センター

本社
〒231-0055 横浜市中区末吉町4-89-2
営業所
東京都町田市三輪町1766-2
 

受付時間:9:00~18:00(日を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お役立ち情報

町田相模原水漏れ・雨漏り修理センター(雨漏り修理、屋根修理、雨漏り調査、防水工事、水漏れ修理)

お役立ち情報

屋根修理・雨漏り修理時の注意点①

屋根の事、雨漏りの事は、なかなかお客様にはわかりにくいことです。またどこに頼んでいいか?わからないと悩んでいるお客様がほとんどだと思います。

業者本位の修理提案、利益重視の修理提案を避けるためにも、下記の項目でご確認ください。

①雨漏りを修理したいだけなのに。。。

屋根の葺き替え、防水工事にしても、全部の葺き替え、全部の防水の工事の提案しかしない業者もいます。雨漏り修理に関しては、目視で判定できることが少なく、雨漏りの想定箇所を、場所ごとに特定しながら修理していくか?または全部のやり替えによって完全を期すか、の2通りの修理になります。今の住まいの築年数、今後の建物の考え方により、その2通り、3通りの提案を行う業者を選んでください。

屋根修理・雨漏り修理時の注意点②

屋根の事が全く分からないお客様。どこに頼めば良いのか思案されているお客様。業者本位・利益本位のメンテナンスを避ける為にも下記の項目の確認をお願いします。

雨漏り修理・屋根修理の共通注意点

①不安を煽る営業

 ・雨漏りして、部屋に雨水が侵入してもすぐに木が腐ることは、なかなかありません。

 ・木部の腐れがある場合は、前から雨漏りしており築いたのが遅いだけです。

 ・不安を煽るような営業があれば注意しましょう!

②単価は安いが寸法の水増し、意味が分からない項目、追加工事

 ・単価は安いが、積算面積が水増しされているなど

 ・項目に内容がわからない項目があるなど

 ・追加工事の可能性がある場合には、きちっと知らせてくれる業者を選定

  解体を含む工事などでは、解体した後に見積もり想定外の事がある可能性が

  あります。そのことをよく確認してください。

③部分修理もできるのに全体的な修理見積もり

 ・お客様とのヒヤリング不足もありますが、修理の大小などについては、

  なるべく要望を聞いてもらえる業者にしましょう。

  建物の築年数や今後の考え方などで修理方法はかなり変わってきます。

●瓦屋根の場合

部分修理でも修理可能であるのに、屋根葺き替えの提案

古い漆喰を剥がさないで重ね塗りや塗り過ぎた面土漆喰工事の修理提案

・コーキングによる瓦屋根全面塗布

 雨漏りの修理では、有効な工事ではありません。

スレート屋根の場合

・雨漏りの修理での屋根塗装の提案

・勾配があまりない屋根においての雨漏りで、同じ屋根材での葺き替え提案

・コーキングによる修理(屋根面をコーキングで修理する場合はよくご確認ください。)

・部分修理でも修理可能であるのに、屋根葺き替えの提案

トタン系屋根の場合

部分修理でも修理可能であるのに、屋根葺き替えの提案

防水工事の場合

塗装屋と防水屋は違います。

 よくあるのが、塗装時に塗装屋さんに防水も一緒に頼んで、塗装屋さんが行った

 知識不足の施工不良

下地の状態によって防水材の選定、水切りの新設等必要な場合があります。
 

屋根の修理、屋根の葺き替え、雨漏り修理の時には、上記を参考にご判断ください。

自分で行う雨漏り修理方法

代表的な雨漏りの修理方法をご紹介します。
雨漏りの原因箇所が特定でき、さらにそれが小規模のものならば、ご自分で直せます。反対に雨漏りの原因箇所が大規模であったり、足場がなければ手の届かないような場所、技術が要する修理などは、専門家にお願いしましょう。

コーキング修理、外壁にできたクラック(ひび割れ)や、ドアやサッシの周辺部、ベランダや屋上の笠木などが雨漏りの原因の場合には、一般的にコーキングで修理することが多いす。
手が届く範囲であれば、ご自分でコーキング出来ます。
ただし、コーキングとは、あくまで傷口に絆創膏を貼るようなもので、抜本的な補修工事とはいえません。コーキングが切れてしまえば、雨漏りが再発するという事をふまえ、予算に合わせた補修工事をしましょう。

コーキングで止まらない様な雨漏りは、サッシ、屋根、防水など工事が必要になる事が多いので専門家にまかせましょう。

火災保険での屋根・雨どい 実質無料修理

屋根修理、雨どい修理は、高額な費用になるために余程の被害がないと実施しないのが一般的と思われますが火災保険に入っていると、実質0円で修理できる場合もあります。

台風や突風などの風災

雪による雪災

などです。

 

保険申請の内容はあくまでも損害箇所の原状回復です。
見栄えをよくする「リフォーム工事」ではございません。

ただし、保険金の利用方法は原則、お客様の自由になります。(新価保険特約除く)

 

これにはいくつかの条件が必要になります。

火災保険は実際には火事だけが対象ではなく突風・強風・台風・豪雨等の被害にも対応しているのが一般的です。

ですから屋根の破損の主な原因となる豪雨や強風によるものであれば、元々火災保険が使えるということなのです。


ただし、3年以内の破損であること、修理費用が20万円以上であることが条件となります。

保険会社が確認に来ることもありますので、十数年前の破損を適用させることは難しいと思われます。

火災保険が適用できるかどうか?の現地調査や

ご相談だけでも無料です。

ご相談ははこちらをクリック

雨漏りを直すために知っておくべき雨漏り原因

雨漏り修理したにもかかわらず、何度も雨漏りが止まらず、とあきらめかけていませんか? 雨漏りが止まらないことは大きな精神的苦痛になると、面談するお客様がよくっています。

しかし その原因さえ判明すればその「悩み」は解決出来ます。

 雨漏りの原因を見つけだし 正しく対処することで雨漏りの費用も大きく変わってきます。

雨漏り修理と火災保険

雨漏り修理・修繕で火災保険が使える場合

あまり知られていませんが、火災保険には、風災害特約が付帯しています。

風災条項

風害(台風・竜巻・疾風)・雹災(ひょう災)・雪災で屋根等が破損した時は、火災保険の風災条項が適用されます。手続きのご協力は無償でさせて頂きます。
風災、雹災、雪災、水災で、屋根等が破損した場合は、その修理代は「火災保険」で、支払われます。他にも、水濡れ、建物外部からの物体の衝突等による現状回復工事も対象になります。
※但し、火災保険会社や契約内容によって違いますので、ご加入者様の方で詳細確認をお願い致します。

 雨漏りの原因が

*台風や強風などの突風で瓦が飛んでしまった。

*屋根の一部がはがれてしまった。

 このような場合には、火災保険を利用できることがあります。

雨漏り原因と雨漏り修理方法

雨漏りをストップ!雨漏りの原因・修理方法

「雨が降るたびに、雨漏りが心配」「屋根や壁にしみができたけど、雨漏りしている?」など、雨漏りに悩んでいる人は意外と多いです。

家屋は、何らかの原因で雨漏りが発生することがあります。雨漏りがあると、家屋を傷めて、本来の寿命より短くなります。また、白蟻やカビの被害を受けやすくなります。そのために、早めの対処が必要になります。

なかなか止まらない雨漏り

なかなか止まらない雨漏り、何度も雨漏り修理したけど止まらない雨漏り

 

木造住宅にお住まいの方から「雨漏り」のご相談を受けて現地調査してきました。永年、雨漏りの修繕をしてもらってはいるが、止まったり止まらなかったり・・・というお悩みをお持ちとのことで、今回うちにご相談をいただきました。

 

 雨漏りって原因がすぐにわからないこともあります。

他社さんがこれまでいろいろと試行錯誤して修繕している形跡がみられました。それでも雨漏りがとまらないとのこと。なかなか原因をつかみきれていないようでした。

よくあることですが、怪しいところとして、本来は塞いではいけないところをシーリングしているケースがよくあります。

このように雨漏りは、原因が目視ですぐわかる場合と、なかなか分からない場合があります。

雨漏り修理・屋根修理メニュー

雨漏り修理

雨漏り修理はこちらへ

屋根修理

屋根修理はこちらへ

お問合せはこちら

町田相模原水漏れ・雨漏り修理センターのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • 相談したい時はどうしたらいいんですか?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~18:00(日を除く)

お問合せはこちら

ご相談、お問い合わせは電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

0120-043-577

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせはこちらへ